Top >  引越し後に行う準備・手続き >  引越し後の婚姻届、転入届

引越し後の婚姻届、転入届

入籍、新住所での生活がスタートします。
市町村役場への婚姻届、転入届について紹介します。


個人それぞれの考え方や事情にもよりますが、
面倒な手続きの最短コースは「引越しと同時に入籍」です。


婚姻届を提出してから転入届を提出すれば、
引越しと同時に新しい戸籍が出来ることになります。
その後の色々な諸手続の住所、氏名の変更が一度で済みます。


提出の流れとしては、婚姻届、転入届の順番で、
当日中に新しい住民票をもらうこともできますので、
なるべく早めの時間に出かけましょう。


必要な書類、届けは?

婚姻届
転入届
印鑑登録届
住民票


いつ届ければいいの?

引越し後2週間以内に届けなければいけません。
法律では「住み始めてから14日以内に転入届をしない者は
5万円以下の過料に処する」と決まっています。


転入届を提出後、婚姻届をする為に用意するもの

双方の印鑑(旧姓のもの)
転出証明書
婚姻受理証明書(市町村役場によっては必要)
印鑑
身分証明書(転出証明書でも可です)
印鑑


「転出証明書」を無くしてしまった場合

転入前の住所地の市町村町役場で、紛失したことを伝えて、
「転出証明書に代わる証明書」を発行してもらいましょう。


転出証明書は1通しか発行してもらえないので、
もし紛失したら、「転出証明書に代わる証明書」で、
転入の手続きをすることになります。

         

引越し後に行う準備・手続き

引越し後に行う準備・手続きでは、挨拶周りについてから、婚姻届・転入届・転出届についてまで紹介しています。

関連エントリー

新居での挨拶周り  引越し後の婚姻届、転入届  引越しの文例(サンプル3つ)